土地活用で業者に委託する場合の委託料はどのくらい?

2018年7月21日

土地活用を行う際に業者に委託する場合、どのくらいの委託料がかかるのでしょうか。

委託料などを支払わずにすべて自分で行うことができるのが理想なのですが、土地活用の知識がなかったり手間をかける時間を作るのがなかなか難しいという場合は、やはり専門業者へ委託するのが間違いありません。

特にアパート経営を行う場合は、賃貸に関わる管理全般について委託することで面倒な問題もスムーズに解決してもらうことができます。

例えばどういうことかというと、入居者に起こるトラブルや家賃滞納のトラブル、入居者の入れ替わりの時に起こる修繕などに関するトラブルの対応、入居者の募集、修繕管理など自分で行うと意外と大変な作業を専門の業者に委託することができるのです。

しかし、業者に委託する場合は、それなりの委託料が必要となります。

パートナー業者への委託料の相場

委託料は、業者によって違いがありますがおおよそ賃料の約5~10%程度です。

業者によっては、この委託料では契約や車庫証明の発行、毎月の集金と督促とあくまでも賃貸の管理を行うだけというところが多いようです。

その他にかかる賃貸の管理、例えば入居者との様々なトラブルの対応や、修繕管理などは別料金となっているところもあるようなのでどの程度の範囲で業務をお願いできるのかを確認しておくと安心です。

いくつかの業者に問い合わせて委託料だけじゃなく、請け負ってくれる委託内容もきちんと確認してから業者を選ぶようにしましょう。

土地活用で業者に委託する場合の委託料は、毎月かかってきますが、すべてを自分の手で行うことを考えれば、決して高いものではないのではないでしょうか。

土地活用の代表的なアパート経営の委託料をご紹介しましたが、この他にも駐車場を設置して経営を行う場合や、企業向けの店舗などを建てて経営を行う場合など土地活用には様々なものがあり、どれも業者に依頼すれば委託料というものが発生します。

どの程度は自分でできて、どこからができないのかというのを把握できると委託内容を限定することができるので、委託料を最低限に節約することもできるのではないでしょうか。

土地活用

Posted by ech