時間貸し駐車場の経営

2018年7月21日

時間貸し駐車場を経営して優雅な不労所得の生活とは、実に魅力的な話ですね。

土地を持っているだけでは税金がかかるだけですが、整備して時間貸し駐車場とすれば安定的な収入が期待できます。

相続した土地をただ遊ばせておくより、効果的に運用したいものです。

もちろん時間貸し駐車場として駐車される事が前提で、頻繁に利用されている状況が求められます。

時間貸し駐車場を経営する方法は大きく分けると二通りあり、簡単に言えば自力で全てやるかほとんどの管理を任せるかです。

前者は時間貸し駐車場としてほぼ全ての利益を得られるため大きく稼ぐことができますが、その分だけ掛かる負担も大きいです。

後者は時間貸し駐車場の運営を行う会社に委託するもので、プランによっては利用状況に依らず安定的な収入が見込めます。

時間貸し駐車場は経営スタンスによって労力が段違いになるため、まずはどの程度負担できるかを考えた方が良いかもしれません。

ほぼ不労所得の感覚で安定的な収入を期待するなら、時間貸し駐車場としての方針は専門の業者に任せるのが無難です。

ビジネスとして確立させている安心感があり、あらゆる土地に対して的確な形での時間貸し駐車場プランを実践してくれるでしょう。

遊休土地の活用に最適な駐車場経営

土地が必ずしも均整な四辺形とは限らず、いびつな形をしている事もあります。

一見すると時間貸し駐車場として機能しそうにない土地でも、豊富なデータを武器に安定した運営をしてくれるでしょう。

時間貸し駐車場は土地の全てを駐車場として経営する事が唯一の選択肢ではなく、たとえば月極駐車場として既に利用している場所でも可能です。

全ての場所が安定的に埋まっていれば、あえて一部を時間貸し駐車場にという選択肢はありません。

しかし、世の中そう都合よくいかないため、部分的な時間貸し駐車場という選択肢が生じます。

時間貸し駐車場は、何らかの事情によって土地が余っているけど使い途がないという時の活用に適しています。

家を建てるのには狭いけど空けておくには勿体ない、という時こそ時間貸し駐車場への転用で副収入としてしまいましょう。

家が建つくらいの大きさの土地があっても、環境によって家が建たない事もあります。

周囲を高いマンションに囲まれていたり車の通りが多すぎたり、家を建てるには不向きでも時間貸し駐車場としてはかなり期待できるでしょう。

時間貸し駐車場といっても10台20台が停まるだけの広さは必ずしも必要ではなく、ほんの数台からでも十分な収入が期待できます。

駐車場経営

Posted by ech