土地を持て余している人の上手な土地活用方法

2018年7月20日

日本の景気が低迷している中、サラリーマンの平均年収は400万円台という人が多く、中には300万円前後という人も珍しくない世の中となっていますが、少しでも収入アップできたらと頑張って働いている人が多いと思います。

そのような人達の憧れと言ったらやはり土地を持って不動産経営することではないでしょうか。

もしも、土地を持て余しているならばどのように活用すれば良いのか実際に土地を持て余している人の上手な土地活用方法というものを考えてみたいと思います。

土地を持っていると、とても裕福に感じるかもしれませんが土地を管理するのには、固定資産税など様々な出費が必要となりますので何かしらの土地活用をしなくては大変だと思います。

持て余している土地だから、もちろん売るという選択肢もあると思いますが、手放してから失敗したと思わないように土地活用してみることをオススメします。

土地活用にも様々な種類がある

土地活用と言えば、アパートやマンションなどを建てて賃貸収入を得たり、最近では駐車場に整備したり、自動販売機を設置して収入を得る人も増えています。

どちらにしても、土地のある地域の環境や周りに居住している層などを参考にどのような形で土地活用を行えば利用してくれる人が多くいるのかを考えることが大切です。

アパートやマンションなどの賃貸収入は、まずはそれらの建物を建てなくてはいけません。

そのための資金を捻出しなくてはいけないので、それがどの程度可能なのかも賃貸収入を得るためには必要不可欠なことです。

アパートやマンションなどを建てて賃貸収入を得るためには、その土地がどのような土地かによってワンルームタイプやファミリー向けにするなどを検討すると良いですね。

土地活用のための資金があまりないという場合は、駐車場にするのが良いようです。

駐車場は、それほどコストもかからず運営を始めてからも、設備の修理を行う程度で様々なトラブルの対応などはアパートやマンション経営と比べると全くないと言ってもいいほどです。

駐車場は、賃貸収入と比べれば、それほど収入を得ることができないのではと思うかもしれませんが、場所によっては充分な収入を得ることも可能です。

どちらにしても、土地を持て余している人の上手な土地活用方法は、どの位の投資をすることができるかと場所によってどの方法が良いのかに違いがありますので様々な角度から検討してより良い土地活用を行うようにすると良いと思います。

土地活用

Posted by ech