駐車場に車を停める際の注意点

2018年7月21日

駐車場を利用する際には、多くのことに気をつけなくてはいけません。

慣れてくると慢心や不注意で事故を起こすリスクが増大しますので、運転経験が長い人も今一度チェックして、気持ちを引き締めましょう。

まず、駐車場内に入るときには、ほかにも車やバイクがあるということを忘れてはいけません。

同じように入場しようとしている車やバイクがないか、出ようとしている車やバイクがないか、しっかりと確認しましょう。

また、左折をする際には左と左後方から車やバイクが来ていないか確かめましょう。

反対に右折する際にも、右と右後方、対向車が来ていないか確認することが大切です。

駐車動作時の注意点

それから、駐車スペースを確保したら、周囲に車がいないこと、混み合っている場合はほかの車やバイクが自分が停めるのを待つ体勢に入ったことをしっかり確かめてください。

また、スペースが狭い場合は特に周りの車に車体をこすったりぶつけたりしてしまわないよう注意が必要です。

そのほか、車を停める際には人にも気をつけなくてはいけません。

車の影から人が出てくることが多く、たまたま駐車スペースを通って行こうとした歩行者をバックでひいてしまうようなことも十分にあり得ます。

また、左折や右折をする際に死角に入っていて巻き込んでしまう可能性もあるでしょう。

こうした事故を防ぐためには周りをよく確認すること、そしてスピードはすぐにストップできる速度まで十分に落とすことが大切です。

夜間は特に周囲が見えにくいため、日中より慎重に車を動かす必要があります。