駐車場の種類

2018年7月21日

駐車場にもいろいろなタイプがあります。

主なタイプは平面、立体、月極め、コインパーキングに分けられます。

ではそれぞれの特徴を見てみましょう。

まず平面タイプですが、一般的によく見る平置き式駐車場になります。

青空駐車場タイプが多いですが、建物の1階部分の一部を平面駐車場とする場合もあります。

特徴は初期費用や維持管理費用がほかのタイプの駐車場に比べて安いことです。

立体駐車場の種類

立体駐車場はスーパーや町の中心部によく見られる駐車場で、細かく分類することができます。

大きく分けると自走式駐車場と機械式駐車場に分けられ、自走式駐車場は所定位置まで自分で運転していくタイプになります。

維持管理費用が安く、プレハブタイプなら初期費用も安くなります。

機械式駐車場には垂直に配列された運搬機が多数並び、循環移動する駐車場で、初期費用や維持管理費用は高いです。

その代わり駐車台数が多くなる傾向にあるため、収入が多くなる可能性が高いです。

それから運搬機を2層以上にし、循環移動する多層循環式です。

ビルに付属しているタイプが多いです。

エレベーター式は自動車収納スペースとエレベーターが組み合わさったタイプで、コストは比較的低いです。

駐車スペースを2~4段とした多段式は、初期費用や維持管理コストが比較的抑えられます。

駐車料金の支払い方法

また料金の支払い方法として、月極めタイプとコインパーキングの2種類があります。

月極めタイプは近くに住んでいる人や、職場が近くにある人など、1ヶ月以上その駐車場を使うことが決まっている人が利用します。

住宅街に多く見られますが、車通勤する人のために、コインパーキングの一部を月極めとして貸し出している場合もあります。

コインパーキングは商店街や街中に多く見られ、提携先の商店などで買い物をすると割引を受けることができるタイプが多いです。

10分いくら、と決められていますが、1日最大いくらまで、と上限金額が設けられている場所が多いです。

駐車場のタイプは、設置する場所やニーズによって決めるといいでしょう。