コインパーキング経営の特徴

コインパーキング経営の特徴

コインパーキングは時間に関係なくいつでも利用できる手軽さがあります。

経営側にとっては所有する土地を無駄にすることなく活用できるので、固定資産税の費用も捻出できて収入にもなるという大きなメリットがあります。

また、アパート経営などでは空き部屋が出たり、修繕費用がかかったりするので、収入につながらないことも多いですが、駐車場の場合にはちょっとした工事で設備の設置ができるので、収益が上がらない場合には短期間での転用が可能です。

スポンサーリンク

少ない投資で始められてリスクも小さいというメリットがあります。

駐車場サービス会社と契約して業務を委託すれば手間がかからずに収入源となります。短期の契約も可能です。

土地を柔軟に活用できる

さらに、コインパーキングは広さに制限がありません。

たとえば土地が狭く2台分くらいしか車を止めるスペースがなくても、20台・30台と多くの車が止められる土地の広さがあっても、台形や三角形など不規則な形でも、機器が設置できれば駐車場にできます。

また、月極の駐車場を経営していて空きがある場合に、一部をコインパーキングとして運営することも可能です。

土地を所有していなくても借地を利用しての経営もできます。

いずれの場合も、サービス会社と契約をすれば専門家の立場からアドバイスやサポートを受けることができ、土地を有効活用できます。

コインパーキングはちょっとしたスペースがあれば様々なバリエーションで経営できるのが特徴です。

そして、自分で経営する場合でも、サービス会社と契約をしている場合でも、ロック板と精算機を設置すれば24時間体制で運営ができるので、コインパーキング経営は人件費がかかることがないので無駄な出費がありません。

人の手が必要となるのは精算機の集金や釣り銭の補充、駐車場内の清掃程度です。

サービス会社との契約内容によってはメンテナンスも全て請け負ってもらえるので、何もすることがないので楽に収入を得やすい方法のひとつです。