駐車場経営はどこかで管理してくれるのか?

2018年7月21日

駐車場の経営を自分で行わない場合、運営委託をすることになります。

その大半は、コインパーキングなどを運営する業者に頼ることになります。

管理もしてくれますから、土地所有者は特に駐車場運営にかかわることなく収益を得ることができます。

運営委託という形をとると、駐車場の運営をする必要がないばかりか、資金の用意はほとんどありませんし、役所に書類提出なども、専門会社が代行してくれます。

収益が下がるのでは、という心配もあるでしょうが、一括借り上げ方式をとると、利用状況に関係なく収入は安定します。

駐車場をオープンさせるまでの流れ

ある会社の、駐車場オープンまでの流れを見てみましょう。

まず駐車場経営をしたいということを、駐車場専門会社へ連絡します。

土地が余っている、自己運営では立ち行かなくなったなど、何でもかまいません。

このときの相談は無料で受けてくれる会社がほとんどですから、気軽に相談してみましょう。

依頼を受けた会社はその土地の周辺環境、立地、さらに交通量などを調査、分析します。

その上で立地、条件などに見合ったプランを提案してくれます。

このとき、駐車場の大まかなレイアウト、工事日程、毎月の賃料など、さまざまなプランを検討することができます。

プランに納得がいけば契約となり、プランに沿って塗装工事や機械の設置、看板設置などを行います。

工事が終われば、掃除や集金、メンテナンス、クレーム対応なども含めて、ほとんど委託業者が行ってくれますので、晴れてオープンとなります。

駐車場経営で多いのは、資金がない、ということです。

駐車場専門会社の中には、敷地の舗装などは土地所有者負担だけれども、設備機器、看板設置などの初期コストは負担してくれるところもありますので、相談してみるといいでしょう。

また業者の多くは土地所有者が駐車場業務には一切かかわらなくても、メンテナンスや巡回、清掃、集金などもすべて代行してくれます。

狭い土地、条件のあまりよくない土地でも、有効活用できる方法を提案してくれますので、駐車場経営を検討している方は、まず相談してみるといいでしょう。

駐車場経営

Posted by ech