コインパーキング経営に必要な設備

コインパーキング経営は管理人を置く必要がなく24時間収益をあげられます。

さらに、狭いスペースでも機器の設置ができれば経営ができるので、参入を考えている人が増えています。

基本的にはロック板と精算機があればよいのですが、複数の種類があります。

駐車場サービス会社によって使用している機器が異なっていますので、その特徴を理解しておくと便利です。

また、基本的な設備以外にも必要な設備がいろいろとあります。

収入源となる精算機にはゲート式、単体タイプ、集中タイプの3種類に大別できます。

ゲート式は、駐車場の入・出庫場所に設置されている機器で、出入り口がひとつの場合には一車線式相互、個別にある場合には二車線式入・出庫別の機器を設置します。

収容数の多い駐車場で敷かれることが多いです。

不可欠なロック板

単体タイプは、駐車スペースごとに精算機が設置する機器で、集中タイプ1台の精算機で複数を管理できます。

駐車スペースに設置されているロック板と連動されていて、現金払いだけでなく電子マネーが利用できる物もあります。

さらに、利用台数や売上の集計も一括で管理できるシステムが組み込まれています。

他には、ロック板も不可欠な設備です。

主に4種類のタイプが利用されています。

設置及び撤去工事が簡単なこともありフラップ板タイプが最も普及しています。

駐車後数分すると板が上がって車をロックするシステムになっています。

後は、昇降式ロックプレートタイプは地面に埋め込んだプレートを上昇させて車をロックさせるシステム、駐車スペースの前にロック板を設置する前面ロックプレートタイプ、自動車の全面に遮断機のようなバーが降りてきてロックをするスイングロックタイプがあります。

場内の舗装、駐車スペースの区分ラインは必須設備ですすし、コインパーキングであること、料金体制を説明することを知らせるための看板も必要です。

また、24時間利用するためには照明器具も必要です。

また、空車状況を知らせるための電光掲示板を設置しているところもあります。