不動産投資に役立つ資格

2018年7月21日

不動産投資をはじめるために必要な資格はありません。

だれでも資金さえあればはじめられるものなのですが、成功へと導くために有用な知識が得られる資格はあります。

不動産関連の最高峰の資格といえば、国家資格の宅建をイメージする人は多いでしょう。

この資格を取るために学ぶ内容としては、不動産投資を有利に進めるために必要なものが少なくありません。

主に不動産業界の実務に必須の法律まわりの知識が勉強できますので、取得を目指す必要はありませんが、参考書などに目を通すだけでも意味はあるでしょう。

不動産投資と確定申告

また、不動産投資をはじめると、確定申告をしなければいけません。

記帳方法などがわからなければ税理士などの専門家にお願いする方法もありますが、コストがかかってしまいます。

簿記の知識があれば自分で記帳や申告を行えるようになりますので、不動産投資で役に立つこと請け合いです。

そのほか、不動産投資をする人にとって有用な資格としては、ファイナンシャルプランナーを挙げることができます。

不動産をはじめ、ローン、税金、保険、相続といった具合に、不動産投資と関わりの深い多くのことを学べる資格です。

それから、取得した不動産を貸し出し、賃料収入を得ていきたいと思っている人は、大家検定を取得するといいでしょう。

正式名称は不動産実務検定といいますが、大家として仕事をしていくにあたり、必要な知識を習得することが可能です。

上記のような資格を取得したり、テキストなどから情報を得たりすることで、知識が全くない場合より不動産投資の成功率がアップし、失敗するリスクを低減させられるでしょう。

不動産投資

Posted by ech