借地でコインパーキング経営

2018年7月21日

コインパーキング経営は利用していない土地を持っていることが前提と考えられています。

土地さえあれば、初期費用やその後のメンテナンス費用などが一切かかることなくビジネスを始められます。

コインパーキング経営は高額の収入は期待できませんが、確実な収入源になります。

遊ばしておけば税金がかかるだけですが、有効利用すればプラスの収支にできます。

ただ、駐車場サービス会社にとっては立地条件が重要なポイントとなります。

時間単位で利用できますし、市街地や商店が集中している中心部であるほど需要が高くなるので、駐車場サービス会社としても積極的に利用契約を結ぼうとします。

ローリターンでもローリスクのコインパーキング経営を考えていても、肝心の土地を所有していない人もいます。

土地を借りてでもコインパーキング経営を始める価値はある?

その場合には、土地を借りても始めることができます。

わざわざ借地料を支払ってでも経営するメリットがあるのかと思われますが、立地条件の良い土地を保有している人から借り入れてビジネスをしている人は多いです。

借地の条件は実績があることです。

市街地で車の出入りがあること以外に、過去に駐車場として運用されていたことなどが挙げられます。

不動産屋で立地の良い土地を探してもらい、駐車場として転用できる条件をクリアできれば問題はないでしょう。

はれて土地が見つかれば、精算機、ロック板、照明などの必要な設備を整えればすぐにでも運営ができます。

しかし、現実には自分で収益が上がりやすい借地を市街地に探すことは難しいです。

駐車場サービス会社の中には、自社所有の土地でコインパーキング経営をしているところもあります。

このような会社ではまるごと駐車場を賃貸してくれるサービスを展開しているところもあるので、利用するとよいかもしれません。

サービス会社によって、契約が異なりますがコインパーキング経営は基本的には手間いらずです。

ハイリターン難しいですが、ローリスクで始められるのでサイドビジネスや投資として人気があります。