コインパーキング経営

コインパーキング経営が人気の理由

コインパーキング経営が人気の理由

コインパーキング経営をする人が増えている理由のひとつに、2006年の道路交通法の改正があります。

駐車違反の取り締まりが強化されました。

違法駐車の取り締まりが民間に委託されたため、ほんの短い時間でも気軽に路上駐車できなくなりました。

スポンサーリンク

監視員の見回り時間に遭遇すると違反切符を切られる確率が高くなったこともあり、時間単位で利用できる駐車場の需要は高まっています。

コインパーキング経営は空いている土地があれば簡単に始められるビジネスで、運営のしかたによってはローリスクで定収入を得ることができます。

しかも、駐車場サービス会社とオーナー契約をするだけでいいので、ごくシンプルで簡単なビジネスのひとつです。

自分で機器の設置をして運用するより、サービス会社と土地の賃貸借契約を結ぶだけでいいので、苦労せずに毎月定収入を得ることができます。

駐車場サービス会社を活用してリスクを最小限に

駐車場サービス会社はオーナーから駐車場として利用する土地を借り入れた後は、立地の調査から設備機器の設置、メンテナンスまで全てを代行して実施します。

駐車場の利用によって得た収入を分配するのではなく、土地の賃料を支払う形にしている会社がほとんどで、毎月の収入に関係なく定収入を得られるシステムになっています。

一般的にサービス会社は2年から3年の最低契約期間を定めています。

コインパーキングは更地にしやすいので簡単に転用でき、割のいい運用方法があれば簡単に乗り換えることができます。

しかし、最低契約期間に解約をすると違約金が発生するので注意が必要です。

契約期間さえ守っていれば、何もしなくても毎月確実に収入になるので割のいいビジネスといえます。

高額な儲けにはなりませんが、月極駐車場を経営するよりは1割から2割多い利益になることが多いです。

広い土地を持っているのならアパートやマンション経営をすることもできますが、建設から利益が発生するまでは長い期間が必要なので、ハイリスクハイリターンのビジネスです。

これに対して全てを駐車場サービス会社に委託するコインパーキング経営はローリスクローリターンが、管理にタッチしなくていいので、リスクの小さいビジネスと言っても良いでしょう。