コインパーキング経営

コインパーキング経営の特徴

コインパーキング経営

コインパーキングは時間に関係なくいつでも利用できる手軽さがあります。

経営側にとっては所有する土地を無駄にすることなく活用できるので、固定資産税の費用も捻出できて収入にもなるという大きなメリットがあります。

コインパーキング経営のリスクは?

また、アパート経営などでは空き部屋が出たり、修繕費用がかかったりするので、収入につながらないことも多いですが、駐車場の場合にはちょっとした工事で設備の設置ができるので、収益が上がらない場合には短期間での転用が可能です。

スポンサーリンク

少ない投資で始められてリスクも小さいというメリットがあります。

駐車場サービス会社と契約して業務を委託すれば手間がかからずに収入源となります。

短期の契約も可能です。

土地を柔軟に活用できる

さらに、コインパーキングは広さに制限がありません。

たとえば土地が狭く2台分くらいしか車を止めるスペースがなくても、20台・30台と多くの車が止められる土地の広さがあっても、台形や三角形など不規則な形でも、機器が設置できれば駐車場にできます。

また、月極の駐車場を経営していて空きがある場合に、一部をコインパーキングとして運営することも可能です。

土地を所有していなくても借地を利用しての経営もできます。

いずれの場合も、サービス会社と契約をすれば専門家の立場からアドバイスやサポートを受けることができ、土地を有効活用できます。

コインパーキングはちょっとしたスペースがあれば様々なバリエーションで経営できるのが特徴です。

人件費がほぼかからない

そして、自分で経営する場合でも、サービス会社と契約をしている場合でも、ロック板と精算機を設置すれば24時間体制で運営ができるので、コインパーキング経営は不必要な人件費がかかることがないので無駄な出費がありません。

人の手が必要となるのは精算機の集金や釣り銭の補充、駐車場内の清掃程度です。

サービス会社との契約内容によってはメンテナンスも全て請け負ってもらえるので、何もすることがないので楽に収入を得やすい方法のひとつです。

コインパーキングには2つのタイプがある

コインパーキング

駐車場にはいろいろなタイプがあります。

コインパーキングは月極ではなく、利用したい時に時間単位で不特定多数の人が利用できる駐車場のことです。

ほとんどが無人で24時間体制になっているのが特徴です。

料金設定にはバリエーションがあり、24時間均一の場合と、夜間や午前中など時間帯によって異なる料金を設定しているところもあります。

また、大きく分けると2種類が主流となっています。

ひとつは駐車場の入り口に遮断機のような設備が設けられているゲート式、もうひとつは個々の駐車スペースにロック板が設備されているロック式です。

ゲート式・ロック式に必要な費用

いずれも無人で管理人などはいないので、ゲートもしくはロック板、自動精算機といった初期の設備投資をすればその後の人件費は不要です。

コインパーキングのうちゲート式に必要な工事は、精算機と遮断機のようなゲートを入庫・出庫口に設置するだけで済みます。

一方のロック式は、ロック板と精算機の接続及び設置工事費用がかかります。

どちらが安上りかというと経営する規模によって異なります。

ゲート式は駐車スペースにかかわらず設備は同じなので、費用は均一ですが、ロック式は駐車スペースごとの工事なので、収容台数が少なければその分費用が安くなります。

一般的に15台が分かれ目で、15台以下ならロック式、15台以上ならゲート式のほうが安くなっています。

コインパーキングの経営方法による違い

そして、経営方法によっても設備費用に違いがあります。

オーナーが自ら業者を手配して設備をする場合と、駐車場を運営しているサービス会社と借り上げの契約をしている場合です。

場所が良ければ、1台分のスペースで得られる月々の収入は5万円以上になるという試算も報告されているので、自前で設備をしても短期間で減価償却できる可能性は高いです。

サービス会社と契約をした場合には所有する土地を駐車場として貸し出すだけなので設備工事費はかからない場合が多いです。

この場合、駐車場の利用料金はサービス会社の収入となり、土地のオーナーは賃料のみが収入となります。