バイク用の駐車場とは

2018年7月21日

バイク用の駐車場は言葉のとおり、バイクを停めておけるスペースや施設のことをいいます。

色々な形態の駐車場がありますので、ここで特徴を紹介します。

まず、集合住宅の駐輪場にバイクを停められることがあります。

利用料は安いものの、屋根がない場合もあり、排気量が多いバイクの場合には停めることが認められないケースもありますので注意しなくてはいけません。

このほかには、車と一緒にバイクの駐車も可能な駐車場を挙げることができます。

125ccをオーバーしているバイクは駐輪場に停められませんので、4輪用の駐車場を利用しなくてはいけません。

時間貸し、月契約、年契約など、さまざまな形態の駐車場があり、費用負担もエリアや設備の充実度などによって異なります。

バイク専用の駐車場

なお、車と共同の駐車場の場合、屋根がない、防犯環境が整っていない、舗装されていないなど、バイクを停めておくには物足りなさを感じるところもあるかもしれません。

駐車場検索サイトを利用して、条件の良いバイクの駐車場がないか探してみることをおすすめします。

また、4輪自動車と共同の駐車場だけでなく、中にはバイク専用の駐車場も、全国的に見るとまだまだ数は少ないですが存在しています。

屋根付のことが多く、風雨にさらされにくく、防犯環境も整っているのが特徴です。

なお、今はバイク専用の駐車場を検索することが可能なウェブサイトも登場していますので、チェックしてみてはいかがでしょうか。