不動産投資のメリット

2018年7月21日

動産投資が上手くいった場合、多くのメリットが受けられます。

収入関連、保険・税金関連、景気関連のものが挙げられますので、順番に説明していきます。

まず収入面のメリットですが、不動産を貸し出し空室がない状態を維持できれば、毎月安定した収入が得られます。

売却する場合も、取得時より価格が高くなれば、売却益として多くの収入を得られる可能性があるのです。

次に保険・税金面のメリットですが、不動産を取得する際にローンを組むと、団信の契約を交わす形になります。

加入しておけば完済するまでに契約者が亡くなるなどしても、残りの借金の支払いが免除されるのです。

不動産の税制上メリット

税金に関しては諸経費を計上して課税対象額を安く抑えることが可能です。

また、建物や土地は時価評価され、貸し出している場合は余計に低く評価されるのが一般的なため、現金預金として持っている状態より相続税が安くなり、相続対策としても有用です。

景気関連のメリットについては、インフレになった場合に不動産の資産価値の高まり、賃料収入の高まりが見込める点が挙げられます。

インフレが起こると物価が高まりますが、これにより現金や預金の貨幣価値が下がってしまいますが、不動産として同じ金額を持っていた場合には価値が高まるという現象が起こりやすいのです。

なお、冒頭で記した通り、恩恵を受けられるのは不動産投資が上手くいっている場合ですので、美味しい話に飛び付くのではなく、リスクやデメリットを把握し、対策のしかたを学んだ上ではじめることが大切といえるでしょう。

不動産投資

Posted by ech