駐車場経営で土地活用

2018年7月21日

駐車場経営は本当に儲かるのか、という疑問を持っている人も多いでしょう。

駐車場経営で儲かるポイントは3つです。

この3つのポイントを押さえているかどうかで、利益や成功率も変わりますので、3つのポイントをまず知ることから始めましょう。

(1)立地
駐車場が周辺にどのくらいあるか、周辺駐車場の稼働率はどうか、がまず問題になります。

それから周辺環境も大切です。

住宅街、商店街、幹線道路沿いかどうか、など、さまざまな立地条件があります。

(2)法的基準
駐車場法がありますので、駐車場経営の際は届出をしなければなりません。

届出しなければならないのは、駐車場面積が500平方メートル以上、道路の路面外に設置される、駐車のための場所であり、一般公共用になるのか、都市計画区域内に設置されており、その利用に対して料金が発生する場合です。

(3)需要
住宅街なら周辺にある駐車場稼働率が90%以上あり、空きがない、というのであれば需要がある可能性も高いですが、こうした状況にある土地は少ないのです。

駐車場の経営計画を立てる

経営する場合、その土地の見極め方は特に賃貸アパート経営などと変わりありません。

まず周辺状況を調べ、経営計画をしっかり立てた上で判断するようにしましょう。

なお、駐車スペースが15台分の場合、収入の目安は月極め駐車場で45万円、コインパーキングで75万円ほどといわれていますす。

もちろん上記3つのポイントを押さえていることが条件となります。

立地条件がいい、周辺環境が整っている、法的基準を満たしている、需要があること、すべて満たしていれば収入も見込めます。

もし収入に不安があるなら、パートナー業者に運営委託するという方法もあります。

運営委託なら、メンテナンスや清掃、クレーム対応なども代行して駐車専門会社が行ってくれますので安心です。

収益は多少減りますが、安定感があるのはパートナー業者への運営委託になります。

自己運営であれば収益はすべて自分のものになりますので、メリット、デメリットをしっかり考えた上で経営していきましょう。

コインパ-キングで土地活用

不動産の土地を所有している人の中で、持て余しているという人は、コインパーク経営を検討してみてはいかがでしょうか。

ある程度狭い土地でも構いませんし、車を停めるのに適した形をしていない土地でも問題ありません。

一度設備を導入してしまえば、自分のコインパークを利用した人からのお金がどんどん入ってくるのです。

土地を持っているだけだとコストがかかることしかありませんが、コインパーキングとして生まれ変わらせることで、利益を得られる可能性があります。

ただ、そうはいわれても自分にはノウハウがない、どういった土地の整備を行って、何の設備を導入すればいいのかさっぱりわからないという人もいるでしょう。

パートナー業者を活用してコインパーキング経営

そのような人でもパートナー業者に依頼することでコインパーキングをスタートし、稼いでいる人がいるのです。

実際に調べてみると多くの業者があることがわかるでしょうが、開設までのサポートだけではサービスとしては物足りません。

設備のメンテナンスをしたり、集金をしたり、清掃をしたりといった具合に、コインパーキングをスタートしたあとにやることは少なくないのです。

また、トラブルが発生した際には24時間体制で迅速に対応しなければいけません。

これを自分だけでこなすというのは無理がありますので、サポートサービスが充実している業者に依頼したほうが良いのです。

良心的な価格で満足のいくサービスを提供してくれるパートナー業者を探して、コインパーキングの経営を成功させましょう。

駐車場経営

Posted by ech