駐車場経営のメリットについて知っておこう

2018年11月28日

コインパーキング経営のメリットに驚く

駐車場経営にはメリットがあります。

一般的に言われている駐車場経営のメリットは、初期投資費用が少ない、青空駐車場なら更地にするのが簡単と言われています。

もちろんデメリットもありますが、駐車場を設置する立地条件や、ニーズにあっているかどうかなど、条件を満たすことで得られるメリットもたくさんあります。




また駐車場の種類によって得られるメリットも異なります。

具体的な駐車場経営のメリットを見てみると、借金の必要性がないことがまずあげられます。

アパート経営などをするとき、アパートの建設費用あるいは購入費用がかかりますが、今用意できなくても住宅ローンを組むことになりますから、返済しなければなりません。

ですが、駐車場の場合は立体駐車場などでない限り、それほど初期費用はかかりません。

またコインパーキングの場合も、リースや業者負担によって機械の設置などを行うことがあります。

駐車場経営の意外なメリット

それから土地所有者に万が一のことがあったとき、売却がしやすいというメリットがあります。

アパートなど賃貸住宅の場合、入居者がいますからすぐに退去命令をしたりすることもできません。

ですが駐車場の場合、駐車場のまま売却という形もできますので、相続人が多い場合、分割することが容易にできるのです。

また面倒なことが少ないのも、駐車場経営のメリットで自己運営だとしても、清掃は楽ですし整備さえしておけば大丈夫です。

また雪国では雪が降ると、アパートなどでは大家さんが雪かきをすることも多いですが、駐車場は雪かきをするのは、契約で土地所有者としていない限り、駐車場利用者になります。

駐車料金の滞納リスクも抑えられます。

家賃滞納などをニュースで見ることがありますが、駐車場料金は月極めでもそれほど高くありませんし、コインパーキングはお金を清算しなければ車を出すことができません。

そのため料金を滞納されるという心配が少ないのです。

もちろんデメリットもありますが、駐車場経営には多くのメリットがあるのです。




コインパーキング経営が人気の理由

コインパーキング経営が人気の理由

コインパーキング経営をする人が増えている理由のひとつに、2006年の道路交通法の改正があります。

駐車違反の取り締まりが強化されました。

違法駐車の取り締まりが民間に委託されたため、ほんの短い時間でも気軽に路上駐車できなくなりました。

監視員の見回り時間に遭遇すると違反切符を切られる確率が高くなったこともあり、時間単位で利用できる駐車場の需要は高まっています。

コインパーキング経営は空いている土地があれば簡単に始められるビジネスで、運営のしかたによってはローリスクで定収入を得ることができます。

しかも、駐車場サービス会社とオーナー契約をするだけでいいので、ごくシンプルで簡単なビジネスのひとつです。

自分で機器の設置をして運用するより、サービス会社と土地の賃貸借契約を結ぶだけでいいので、苦労せずに毎月定収入を得ることができます。

駐車場サービス会社を活用してリスクを最小限に

駐車場サービス会社はオーナーから駐車場として利用する土地を借り入れた後は、立地の調査から設備機器の設置、メンテナンスまで全てを代行して実施します。

駐車場の利用によって得た収入を分配するのではなく、土地の賃料を支払う形にしている会社がほとんどで、毎月の収入に関係なく定収入を得られるシステムになっています。

一般的にサービス会社は2年から3年の最低契約期間を定めています。

コインパーキングは更地にしやすいので簡単に転用でき、割のいい運用方法があれば簡単に乗り換えることができます。

しかし、最低契約期間に解約をすると違約金が発生するので注意が必要です。

契約期間さえ守っていれば、何もしなくても毎月確実に収入になるので割のいいビジネスといえます。

高額な儲けにはなりませんが、月極駐車場を経営するよりは1割から2割多い利益になることが多いです。

広い土地を持っているのならアパートやマンション経営をすることもできますが、建設から利益が発生するまでは長い期間が必要なので、ハイリスクハイリターンのビジネスです。

これに対して全てを駐車場サービス会社に委託するコインパーキング経営はローリスクローリターンが、管理にタッチしなくていいので、リスクの小さいビジネスと言っても良いでしょう。




駐車場サービス会社とは

駐車場サービス会社

コインパーキングは自分で経営することはもちろんできますが、設備工事、管理、メンテナンスなどの経費や手間を考えた場合、駐車場サービス会社を利用したほうが確実で便利です。

土地を持っている、持っていないにかかわらずコインパーキング経営を考えているのなら、サービス会社では相談に応じてもらえます。

相談窓口では、空いている土地を有効に活用しての資産運用や毎月安定した収入を得る方法、月極の駐車場の空きスペースの活用など、オーナーが抱えている相談に対して丁寧に応対してくれます。

相談の結果コインパーキングを経営してみたいという方向に話がまとまっても、即座に機器の設置工事をするわけではありません。

まずは専門スタッフが現地の調査をします。

駐車場として利用するための土地の立地や形状を調査するとともに、周辺地域の状況、交通量、需要度なども合わせて考慮して、コインパーキングとして活用できるのかどうかを見極めます。

調査結果を元にして駐車スペースのレイアウトを決め、オーナーに土地の利用料や収入のシミュレーションなどのプランをプレゼンします。

委託した場合の収入は借地料のみ

プレゼンの内容で問題がなく、疑問点も発生しなければ土地の賃貸借契約を締結します。

土地のオーナーの収入は借地料となります。

晴れて契約が締結されれば、地面を平にして、駐車スペースの区分けロック板と精算機の設置など設備工事にかかります。

工期は土地の広さや形状によって異なります。

周辺への挨拶回りも含めて費用は全て駐車場サービス会社が負担し、オーナーへ請求されることはありません。

さらに、駐車場としてオープンした後には、精算機からの集金や釣り銭の補充、場内の清掃、設備のメンテナンスなど経営に必要なアフターフォローも全ておまかせとなります。

オーナーとして契約をすれば後は全く手間いらずなのが、駐車場サービス会社へ委託するメリットです。

経費と手間がかかってしまいますが、これらのことを全て自前で行ってコインパーキング経営をすることも可能です。

この場合、収入は土地の賃料ではなく、精算機に支払われた利用料となります。

Posted by ech